ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

レトロでメトロ

d0218056_19383291.jpg

緒方洪庵です。
幕末蘭学医学者。適塾主宰。


以下は緒方洪庵が約したドイツの医師の本の内容ですが、
この1項目が適塾での洪庵の考え方に影響を与えたもので、
適塾の塾生にはこのことをしっかり言い聞かせていたみたいです。

清く、正しく、美しくですよこれは。。。。。。笑

ドイツのフーフェランドが書き,緒方洪庵の訳した医師の心得 『扶氏医戒乃略』
緒方洪庵訳 Chrstoph Wilhelm Hufeland(1762-1836) 著

1.人のために生活して、自分のために生活しないことが医業の本当の姿である。
安楽に生活することを思わず、また名声や利益を顧みることなく、ただ自分を捨
てて人を救うことのみを願うべきであろう。人の生命を保ち、疾病を回復させ、
苦痛を和らげる以外の何ものでもない。

2.患者を診るときはただ患者を診るのであって、決して身分や金持、貧乏を診る
のであってはならない。貧しい患者の感涙と高価な金品とは比較できないだろう。
医師として深くこのことを考えるべきである。

(以下10項目は略)




今日は野外スケッチの日でした。(一週延びて今日になったのです)
場所は大阪淀屋橋、「適塾」でした。

雨風が心配だったのですが、
思ったよりも穏やかな気候で、皆さんしっかりと絵に取り組むことができたみたいで
良かったです。

d0218056_20404832.jpg

d0218056_20422384.jpg

d0218056_20424368.jpg

適塾と横の公園。緒方洪庵銅像。

ここはもと船場。
「ほんまだすなぁ」「しょうおませんなぁ」とかの
「あさが来た」で使われている言葉が使われていた土地です。

土佐堀川に全国各地からの物産が届き、
それを江戸を中心にまた各地に流していった商いの街船場だったのですね。





終わってからは、ぶらぶらと散策しながら、帰りました。

d0218056_2045289.jpg

堂島川・水晶橋


水鳥がポーズをとってくれました。


西天満へ、、、あれ、
御堂筋沿いにこんなものが、、、
ここ、これまでにどれだけ通ってきたか?しかし、
この建物の存在に気づいていませんでした。

なんだろうと、よく見てみると「曾根崎変電所」とありました。

関電のものでしょうか、、なんか、レトロでメトロな感じでした。



梅田について第4ビルの地下街を歩いているとこんなものが、、、
d0218056_20494688.jpg


え、、えっ、、安すぎませんかぁ〜〜〜〜。



d0218056_20553962.jpg

寒い中、お疲れさまでした。



来月は尼崎の寺町にまいりま〜す。
by hamaremix | 2016-02-21 20:57 | ライフ | Comments(0)