ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

狩野探幽 

狩野探幽と言えば二条城の障壁画が一番に思いうかびます。
d0218056_2134268.jpg

松鷹図/二の丸御殿

狩野永徳程の力の誇示はなく、
ゆったりとした安定感がある絵です。
この二条城の障壁画が完成したのが1626年の三代将軍家光の時代で、
世の中が、安定してきたことが反映しているのでしょうね。


同じく二条城の絵
d0218056_2110841.jpg

松に孔雀図壁貼付・襖

この金地に松の葉の緑、そして太く天に左右に伸びる枝の茶色。

江戸時代を印象づける配色ですね。


日本絵画の星 13 狩野探幽(1602-1674/桃山~江戸初期時代)

私はある年の夏、二条城に4度も通いました。
スケッチの許可をもらう為でした。

で、その頃は龍馬伝にはまっていた時期で、
ここが慶喜が大政奉還を宣言したお江戸の京での本丸かぁ~
という感慨が強く、
狩野派などの絵を熱心にみる眼も意識もなかったのです。

が、さすがに壮大な障壁画群は大いに記憶に残っています。


二条城の障壁画、これを引き受けたのが江戸狩野派の狩野探幽でした。

d0218056_2136854.jpg

狩野探幽像/伝桃田柳栄

狩野探幽は狩野永徳の孫です。
永徳が秀吉なら、探幽は家康か?はは、
というのも明治期に岡倉天心をして「画壇の家康」と言わしめたほどの
江戸狩野派の創始者ですからね。

16歳で江戸に召されて幕府の御用絵師になったというから、
その絵の才能は狩野家でも飛び抜けたものが見られたようです。

22歳で大阪城(徳川の)の障壁画、25歳で二条城の障壁画、
32歳で名古屋城本丸上洛殿の水墨障壁画を担った。


大阪城の障壁画はもちろん残っていません。
しかし名古屋城の本丸上洛殿の水墨は残っています。

こちら狩野探幽の代表作としてよく取り上げられています。

d0218056_21175672.jpg

雪中梅竹遊禽図襖/名古屋城

この絵に特に現れているのが探幽様式といわれるものです。
あっさりしてます。

その探幽様式とは、この絵のように充分な何も描かれない余白があることなんです。
そして永徳がやったような、画面から飛び出すような構図ではなく
画面の空間内に構図を収めるところにあります。


d0218056_2214850.jpg

四季松図襖/大徳寺

人間の一生を松に四季にたとえたという見方もできるこの絵。

あまりにも余白が多すぎます。
絵がなりたつギリギリのところでこの絵をおえているようです。

この絵などは、マンネリズムと見ても問題ないような内容です。あっ、暴言


しかし、この絵もマンネリズムにいたったような様相です。
d0218056_22122814.jpg

桐鳳凰図


狩野探幽35歳の大作。すごいです、充実してます。
京都花園にある臨済宗妙心寺派大本山の法堂の天井画、
d0218056_22304282.jpg

「雲龍図」
最大辺12メーターです。制作には8年かかったそうです。
d0218056_2232565.jpg


半端ない迫力です。





さて、狩野探幽から始まる江戸の狩野派ですが、
江戸時代の250年近く通して御用絵師であったのです。
その狩野派の特徴といえば、

1狩野家の血縁で結ばれた集団であったこと。
2絵師の専門集団だったこと。
3つねに幕府の仕事に従事していたこと。
そして特に
4粉本主義であったことです。

その粉本主義というのは師匠のお手本(粉本)以外の絵を描かせず、
それまで築いてきた狩野派の画風を守っていくことでした。

これでは、絵師の独創性や個性というのものが封じ込まれ、
写しに写しが繰り返され、つまらない形骸した絵になっていったという
風評になってしまいました。

粉本主義は何も狩野派に限ったことでなく、
淋派、円山派、土佐派といった、絵師の集団経営には
欠かせないものだったようですが、、、



ところで狩野探幽
1656年の江戸大火で家を焼いてしまい、
重要な粉本を失ってしまいました。ピンチデス。

で、狩野探幽は粉本をとりかえすべく
古画の模写や鑑定を積極的に行い、縮図として描きためた。
また、写生も草花・鳥類・風景とさまざまなジャンルに触手を伸ばして描いた。
それは膨大な量で、美術史的に注目されはじめているようです。


その写生の1枚が有名なこれ。
d0218056_22434438.jpg

獺図

かわいいですね〜、しかもよく描けていますね〜。


そしてそんな探幽ですから、絵の内容も多岐にわたったようです。

源氏物語から、、
d0218056_22481696.jpg

賢木・澪標図屏風


いにしえの三十六歌仙を描いたものから、、
d0218056_2251757.jpg

柿本人麻呂像


水墨画も極めています。
d0218056_22531249.jpg

叭々(はは)鳥・小禽図屏風


d0218056_22535359.jpg

富士山図屏風

薄味、、、粋、、、



1662年狩野探幽は画家としての最高位である法印を与えられました。
by hamaremix | 2016-01-24 23:00 | 日本絵画の星 | Comments(0)