ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

自然に波長をあわせて。

d0218056_013131.jpg

「 ある朝、私はいつもとおなじように籠を手に、画題に使えるような、
なにか変わった草、石ころはないかと、パリの近郊に散歩に出た。
戦争が始まっても帰国せずにフランスに留まったままの私は、そのため
非常なる物心両面の苦労を日々かさねていたころのことだった。そこで、
その朝も遠くの雲を眺めたりしながら、いつも通る道歩いていったのだが、
不意に、一本のある樹木が燦然たる光を放って私に語りかけてきた。
「ボン・ジュール!」と。私も「ボン・ジュール!」と答えた。するとその
樹が、実にすばらしいものにみえてきたのである・・・・・

 いつも通る道の、いつも見る樹が、ある日ある時間、そのように語りかけて
きたのだ。立ちどまって、私はその樹をじっと視つめた。そして、よく見ると、
その樹が人間の目鼻だちとおなじように意味をもっていることに気づいた。
土中の諸要素が、その多少のちがいだけで、他と異なるような顔をつくりあ
げたものであろう。しかし、人間とは友であり、上でも下でもないこと、
要するに万物はおなじだと気づかされたのであった。

ラジオの受信機にしても、出来の良し悪しはあろうとも、ともかく調節すれば
音が聞こえてくる。それとおなじように、波長を合わせることによって聞こえ
てくる万物の声がというものがあるのだ。

そのとき以来、私の絵は変わった。」
私は白日に神をみるー長谷川潔画伯、制作の秘密を語るー


 

ハードな一週間を何とか終えることができ、ほっとしてます。

今日のスケッチ会は千里南公園でしたので、豊かな緑色を沢山眼に入れることが
できました。
やはりカワセミを狙ったカメラマン達は今日も沢山いました。

私もカワセミを2羽も見たし。
1羽が水面まで飛んで行き、水の中の魚をついばむ光景を2度も
見ることができました。

また釣り堀で、小学生の子供を連れた親が、ビックリするくらい大きな鯉を
つり上げたのを目にしました。7~80センチはあっただろうか?
釣り竿が180度くらいにそっていました。
水に中で見ていると分らないんですが、鯉は金色なんですね。

自然のなかで、いいものを目にしました。


スケッチを終えて、
森村誠くんの個展に大阪豊崎町に行きました。
亜鶴がいいと推薦していたので、頑張って行きました。
良くなければ、一言言ってやろうと思ったのですが、
うん、良かったです。
自身の美意識とは違いますが、良いと認めざるをえない作品でした。笑

ART SPACE ZERO-ONEという日曜のみ開催している画廊です。


そこのビルの下にあった観葉植物です。
d0218056_049258.jpg

大きなヒトデが眼に入ったのです。

この植物の葉っぱの形に沿っているのが、面白いし、
大文字やきの「大」の文字のようで、
「植木鉢の中の大文字焼き」と気づきました。笑
d0218056_0525068.jpg



その後、
今日は高校の同窓会だったのですが、昼間の開催で参加できませんでしたが、
同期の友達が西宮の市民ギャラリーで、版画工房展に出品しているのに、
見にはしごしました。

大きな銅版画の作品でした。
ハスキー犬と女性を描いた絵で、大胆な絵でしたね。
犬も女性も飛んだ眼をしていたのが不思議でしかたなかったのですが、
作者も不思議な人なので、
不思議な人は絵も不思議なんだと、
こうゆう人こそ本当の不思議ちゃんと言えるのでしょうね。笑

不思議そうでも、普通な絵を描いてる人は全く不思議ちゃんではないです。


そんな、ボリューム感の1日でした。

by hamaremix | 2015-09-14 01:02 | ライフ | Comments(4)
Commented by 亜鶴 at 2015-09-14 01:48 x
でしょう!?(笑) 僕自身のラインからも違いますけどアレは本当良かったです…(笑) 明日搬入入ってまいります~!
Commented by hamaremix at 2015-09-14 06:31
ところで森村君に特別講座で習ったって本当?
Commented by 亜鶴 at 2015-09-15 17:00 x
本当!?ってどういう事ですか?(笑)僕の学年の時の特講、森村さんでしたよ~!
Commented by hamaremix at 2015-09-16 04:26
森村君が7年前に亜鶴が特別講座を受けたと言ってたというので、その時期に学校に居たかなと思って。リアリー?っていうぐらいのノリです。