ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

ご近所さん物語

d0218056_5581320.jpg


関西は京阪神は台風の影響をほとんど受けませんでした。
ここ数日の梅雨みたいな日々の延長として昨日があった感じです。

夕方には青空が見えてましたものね。

午後は守口の教室の後、
大阪の老松筋の3っつの画廊まわりしてきました。

ペインタリネス/ギャラリー白 (抽象絵画の響宴ですね。)
杉町淳子展(陶芸)デッサンの教え子/現代クラフトギャラリー(いい展示ですよ。)
グループ展 /ギャラリー菊 

の3画廊に行きました。

そんななか、
またまた
ギャラリー菊で驚くべき出来事がありました。

またかって感じなんです。
ギャラリー菊ではこれまで幾度もなく、全くもって驚くべきことが起こってきました。

ほんと、幾つもあるのですが、
先ずもって奥さんと鹿児島がルーツということで同じ県民意識、
また、ダンナ様とは誕生日が同じ日!!!
ということからはじまりますが、、、


さて今日、

菊では今、グループ展が行われていました。
作家らしき方が一人おられました。
私はその方と奥さんの3人で喋ることになりました。
その方は作家だったのですが、
とっても気さくな方で、お互いに自己紹介もしないまま
どんどん話が盛り上がっていきました。

その方は70過ぎくらいの女性でしたが、
お互いのどこにアトリエがある?って話になって、

私が「庄内です。」というと、その方も
「私もです」とおっしゃった。「何町?」
「幸町です。」というと、
「うちも幸町。」(え~~~~~~~)
「2丁目です。」
「同じです。◯◯◯デンキって知らない?城外科院の前」
「え~~~、城せんせいとこは子供の頃たまにいきました、、」
「お名前は」
「ハマモトです。」
「ハマモトショウコさん知ってるよ。」(母じゃん、汗、、、)
「母です。」
「うちから冷蔵庫行ってるでしょ。」(あっ、あの緑色の冷蔵庫、去年20年ぶりくらいに
廃棄した、、、)

その作家の方は私の実家のアトリへ近くの電機屋さんの奥様だったのです。
私は殆ど入ったことはありませんが、
母が利用していたみたいです。

まぁ、立ち話の好きな母でしたから、
いろんなことをこの奥さまに喋ったみたいで、
「息子さんが絵描きとは聞いていました。どんな方か気にはなっていましたが、
まぁ、縁があれば出会うでしょう、、って思ってました。笑」
「はぁ、そうですか。母は私の居ない時に近所の方を家に上げて、
勝手に私の部屋の絵を見せてたりしてまして、恥ずかしいかったのですよ。」

あと、近所に書道をやられてる方が居るとか、
ダンナ様が50になってから、◯◯さんからピアノを習っている、
△△さんは気難しいと噂されている、、、などなど、
ご近所さんの話題に自然、なっていきました。


美術界隈で、こんなご近所さんの作家さんがおられたなんて、、

まぁ〜〜、びっくりした次第、、、

ということでした。




聖火がもう神戸に現れたの図
d0218056_559675.jpg

2020年までに東京にたどり着けるかどうか???ですね。
by hamaremix | 2015-09-10 06:01 | ライフ | Comments(2)
Commented at 2015-09-10 19:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hamaremix at 2015-09-11 05:39
はは、これは彫刻ではなくショップの置物、(しかも欧州の石彫のレプリカと思われもの)カーネルおじさんや、ペコちゃんと同じようなもの、、まぁまぁ。
ほんとビックリでした。アトリエのご近所さんはもう、10代の頃から知った人が多いので、ある意味牧歌的な通りになってる。笑