ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

アズーロ・コンパクト

寒い1日となりましたね〜。
体調などくずされないよう、お気をつけくださいね。

朝にコーナンにいきました。
ホームセンターです。
ミニバイクですっ飛ばして〜。

キャンバスを張ろうと思ったのですが、木枠を固定するネジが無くて
必要になりました。それと、ガンタッカーの針が欲しかったのです。


ホームセンターは危険です。
欲しいものがわんさかありますよ。
余計なものは買うまいと、、
ほとんど脇見もせず、
目的のコーナーまで行き、
予定にものだけを手にしてレジに行きました。

そして会計。笑


支払いが終わってほっとして、、
気が緩みました。
店舗の外にあるガーデニングコーナーで花を見てしまいました。


ちょっと小さな花がアトリエの前庭に欲しくなりました、、、、

ほいと、買ってしまいました、、、、

小さな青い花です。
玄関の鉄の扉の鉢に植えました。

暖色系の花しかなかったので、いいアクセントになったかなぁ〜。

d0218056_22382348.jpg


d0218056_22384241.jpg

花の名前は「アズーロ・コンパクト」

アズーは多分「青」「青空」の意味があったように思います。

イタリア語?かスペイン語?で


名前忘れないように、

花札を付けたままにしておきました。



おや、今気がつきましたが、
「SUNTORY」
の文字がありますね〜。

あのサントリーの新しい事業ですかね?




さて、以下は小林一三と仏教のお話。
「いきなりはじめる仏教生活」釈徹宗/からの引用。

 人間の住むところ、やはり聖性をもったリミナル(境界線上状態)な空間が必要です。
世間の枠組みが解体され、ありのままの「私」となって佇む場。それが教会であり、
寺院であり、神社なのです。

 私の友人に武田達城氏という人がいます。大阪府吹田市にある千里寺という立派な寺院
の住職です。この千里寺は千里ニュータウンという大住宅地を見下ろすような小高い丘の
上に建立されています。
 かって千里の丘陵に阪急が住宅開発を計画しているとき、武田達誓氏(達城氏の祖父)
が小林一三氏(阪急の創始者)に、「キミが一番の責任者か。キミは誠にけしからん!」
と直談判に行ったそうです。松下幸之助と並ぶ伝説的経済会の大物・小林一三も驚いた
でしょうね。

 武田達誓氏は「こんな大きな街を造るのに、ただの一軒もお寺がないのはまちがっとる。
人間の住むところにはお寺があるものなのじゃ」と注意したそうです。
 しかし、さすが小林一三、その言い分に納得し、すぐさま「なるほど。それじゃ、土地を
用意するから、あんた、お寺を造りなさい」と応答したんですね。それで開基されたのが
千里寺。すごい話です。かっての経済人は見識があったんですね。小林も一流の文化人で
したし。今、こんな経済人なかなかいないでしょう。



 
西宮市の越木岩人神社の問題が頭をよぎりました。
宗教と文化、生きる上でなおざりにしてはいけないものを
創建の人たちに、知って欲しいものです。
by hamaremix | 2015-06-05 23:12 | ライフ | Comments(0)