ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

勘兵衛と猿飛佐助

「軍師勘兵衛」で、魅力的な人物(俳優)が何人か出てきました。

私の中で一番の好感度が高かったのは、竹中半兵衛
そんなに登場が多かったわけでもないけれど、
谷原さんのクールな演技が男目線でもかっこ良かったですね。

江口さんの織田信長も荒々しい肉体美と、
すぐキレてしまいそうな怖さが良かったです。
信長をやると俳優さんは、何かがのり移ったみたいに凄みがでます。
渡哲也の信長が今までで一番印象に強くあるのですが、
江口さんのも違うタイプで好演でした。

前にも書きましたが、御着の小寺(片岡鶴太郎)
情けなさ、人間の弱さ、、城主としての器不足を
喜劇まじりの演技を楽しませてもらいました。

そして、今、思うと荒木村重の存在(演技)が記憶に大きいです。
彼の扱いがこのドラマをとっても深いものにしたように感じます。
役者の名前が出てこない、、、
仲間さんのフィアンセです。小林◯◯さん?

仲間由紀恵は恋愛など出来ない人ではないかと
勝手な思いこみをしていた私を驚かせた人物でもあります。


信長に、一族、女子供を皆殺しにされても、
自身は生き延び、武士をすて僧侶として再び登場。
勘兵衛との遺恨、息子との再会など、戦国時代ならではの
底なしの悲しみを生きながら背負った晩年、
考えさせられることが多い人物でした。

あ、もちろん、黒田勘兵衛(岡田くん)とその家来の若々しく、
信頼関係の厚い繋がりが良く、安心感を与えていました。
このドラマの正義ですよね。
ちょっとみんな肉体的には非力な感じですが、
あえての草食系でしょう〜。



ところで、
再来年の大河が「真田丸」という
真田幸村が主人公でついに堺雅人が主役で登場。楽しみでなりません。

この夏読んだ司馬遼太郎の「風神の門」が
この真田幸村の大阪の陣にちなんだ話だったからです。

実は真田幸村のことはこの歳になるまで、
有名な武将であること以外は何も知らなかったのです。
そのこともあって、「風神の門」で幸村や大坂の陣のことを知ろうと思いました。

ですが、この「風神の門」の主人公は霧隠才蔵という忍者です。
その霧隠才蔵を通して幸村や大坂の陣のことが知れました。
霧隠才蔵は伊賀忍者ですが、甲賀忍者の猿飛佐助も登場します。

真田十勇士と言われるなかにこの二人は含まれますが、
どちらも架空の人物です。

この二人はいつ仕立て上げられたかというと
大正時代に大阪にあった立川文庫(たつかわぶんこ)から出版された
「書き講談」による青少年向けの文庫本シリーズの中で
「猿飛佐助」「霧隠才蔵」として出てくるのが最初です。

NHK大河2016の「真田丸」は三谷幸喜脚本だそうで、
絶対におもしろくこの猿飛佐助と霧隠才蔵をを蘇らせてくれることでしょう。



私はこの「風神の門」から続いて
伊賀忍者のお話「忍びの国」(和田竜)へと行き、
それとほぼ同時代の海賊のお話「村上海賊の娘(まだ上)」(和田竜)で
石山合戦に迷いこみ、
現在は「国盗り物語(1〜3)」(司馬遼太郎)で、
信長誕生以前の美濃・尾張の戦国時代に駐留しています。


自分では私の中の城ブームの流れで来ているのだと思います。



これに関して、最近の大きな発見がありました。

以前から私が、小さいときに父に連れられて行った映画館で見たアニメ映画が
何であったのか?
頭の中に映像の断片がちらちら浮かんでくるのですが、
それが何であったのか?
去年ぐらいから気になり始めていたのです。


山奥で仙人のような人に剣術を習う若者、
その若者の眼は、異様に明るく血走っている。
般若のような怖い顔をした、ゆらゆらした存在の女、
中国人っぽい服装。
可愛い猿や鹿の動物達、、、

などなど、、

これって、色んなアニメ映画の映像が、だぶっている??


で、日本のアニメ、昭和、初期アニメ などと検索して調べてみたら、
わかったのです。

それは「少年猿飛佐助」という
1959年大映製作
日本アニメの最初の大長編とされるものでした。


早速youtubeに、、

ありました、、、これですこれです。

まるでひとり探偵ナイトのノリで喜びました。


おお、感激!!!懐かしすぎます。50年ぶりにその一部を見ました。


これが、またよく出来ているのですよ〜〜。



音声は日本語ではありませんが、、

50年前の日本のアニメ黎明期の世界を楽しんで下さい。



「少年猿飛佐助」



これDVDを買って観たかったのですが、、、
高いんです。汗  なんでぇ〜。

by hamaremix | 2014-09-25 09:58 | ライフ | Comments(0)