ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

朝のクライマックス

高知県安芸市の海岸で夜を過ごした私は、
朝3時には目が覚め、
室戸岬へ向かいました。

国道55号線を東へ進むのです。

雨が強く降り出して視界は悪くなってきますが、
右にづっと続く防波堤の向こうに海があるのが分かります。
が、空も海も真っ暗で、
気分もどんよりでした。

このまま降り続けたら、
室戸岬では、車から降りずに簡単に通り過ぎることになるかなぁなんて
思ってると、
雨は小降りになり、
少しずつ周りが明るくなってきました。

そして海と空の境目も見えてきて、
遠くに岬が見えてきました。
d0218056_2101724.jpg


わおぅ〜、室戸岬だぁ、、

視界が明るくなるにつれ、
気分も身体もしっかり起きてきます。

すれ違う車もまばら、
なにせ夜明け前です。

d0218056_2122147.jpg


先ほどまでは結構、民家が並んでいたり、
思い描いていたより人が生活している気配がありましたが、
後、4〜5キロって所では、さすがに
民家も見なくなってきました。

ここまで何度か、
国道沿いの駐車エリアや道の駅のような所で
車を止めては
海の様子を見ていたのですが、

次に停めた場所の左手に、
あの銅像が眼に入ってきました。

あ、、着いた。


岬にあるシンボルのひとつ
中岡慎太郎の銅像です。

「夜明け前の幕末の志士」

絵になりすぎです。

d0218056_2191356.jpg


太平洋に向かって何を思っているのでせう。



雨も上がりました。

海岸は大きなごつごつした岩が点在したり密集したりして
荒々しい。

幅1メーター程の遊歩道が国道の脇道から繋がっています。

車は4台程停まっていますが、人気はありません。

遊歩道で海岸に出てみました。

d0218056_2255055.jpg



太陽は見えないですが、
雲の隙間から朝日は海面を照らしだしています。

岩に座って波を眺めます。

数組の人も近くに現れて、
記念撮影などしています。

ザブーン〜、ザブ〜ンーの波の音。

冷たい海の風。

静かな海岸。

気持ちいいです。


波の色も次第に明るく透明感も出てきました。
d0218056_2311692.jpg



しばらくすると朝日が直接に海上の雲の間から見えてきました。
d0218056_2342289.jpg


一気に海面に薄オレンジ色が広がり
海が優しい色に覆われていきます。

その色の美しいこと。
d0218056_237346.jpg



それは私などが言葉で表現出来るものではないです。

d0218056_2384096.jpg

d0218056_2391034.jpg


写真でさえ表現できていません。

輝きが違うのです。


この光景を眼に焼き付けようと裸の眼で見つめ、
また記録に残そうとシャッターを切っていました。


御来光。


ここに着いた時間、そして天候、
無意識に選んでいたことですが、いい条件が揃った気がしました。

そして
この旅の目的が、
その時、はっきり分かりました。

私は満たされたような気持ちになりました。


ですが、


さらに太陽と海は、

次の次元へ私を誘ってきました。


少し昇った太陽が、
天使の梯子を海にかけたのです。

海面と空の下がさらに明るくなり、
その光っている部分の海面と空の境界を
曖昧にし、
今まで見たこともない光景を見せてくれたのです。

d0218056_2493818.jpg



d0218056_249545.jpg




私は大きな海岸で
太陽に向かって立ち、
その光をひとり見続けました。



やがて、
空の雲も色づき、
日常の光景が始まろうとした時に
その朝日のクライマックスが終わりました。



by hamaremix | 2014-08-16 03:02 | ライフ | Comments(6)
Commented by コアラ at 2014-08-17 08:35 x
海ーーーやっぱりいいですねー
海と空と太陽、この3つの組み合わせはピカイチですよねっ!
次は、海の絵、なんて如何ですか??
そこに佇むシルエットだけの武士の姿。
その中に先生の世界観が織り込まれて、とっても素敵に仕上がりそう☆
見てみたいな♪
Commented by yuurakuotozaemon at 2014-08-17 09:45
お〜〜綺麗な海です。行ったつもりになれますよ。
まかてちゃんの文章は、3日ほどしたら尚和会ブログにアップされます。堤君が27期の代表として、お別れの文章を上げてくれることになりました。

さて先生の作品集の弧を紹介するには、どんな作品を選べばよいか
作品集の中から写真を選んで写真を撮ってですから、浜本がやってくれればいいんだけど、絶対入れないといけないのは

006番の墨人賞大賞の野
日展の屏風も入れようかね..?

表紙の江口草玄

奥様は小さい作品がお好きで、玄関に飾ってあった俳画が好きだと言われたが、その写真は私はもっていません

最後の手彫りの印刻

最低これはいれた方がいいと思いますが、どうですか?
Commented by 亜鶴 at 2014-08-17 20:23 x
JoelReaの描く波みたいな色ですね。こんな所にいけば気持ちも洗練されて覚醒できそうですねー。羨ましいです!
Commented by hamaremix at 2014-08-17 21:48 x
コアラ、アイデアをありがとう。海の絵の構想はあるんです。でも、そこに武士は考えなかったなぁ。
イメージはあるんだけど、まだ借り物っぽいので、月日をかけて練ってます。笑
Commented by hamaremix at 2014-08-17 21:53 x
遊楽さん、ご苦労様。日展の作品はどうでしょうか?
先生はその作品を否定した上で、自身の作品に向かい合ったと思うのですが?でも足取りとして、紹介する分には全然いいでしょう。先生も書画集に載せられたんだからね。
画集に載ってる作品ならどれでもオーケーだと思う。
Commented by hamaremix at 2014-08-17 21:55 x
JoelReaは知らないなぁ。でも、これに近い色の海の絵は何度か見た記憶があって、この海の光を見たとき、それを思いだしたんだよ〜。自然に触れることは大切。太陽の光を浴びることも大切。